Child pages
  • Japan WG Telecon 2011-1-19
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

第11回カンターラ・イニシアティブ・ジャパン・ワークグループ会合
11th Kantara Initiative JapanWG meeting minutes

Date: 2011/1/19(Wed)16:00-17:00
Place: Teleconference only

Attendees
Fujie Naohiro, Itochu Techno Solutions
Itoh Hiroki, NTT
Kumeta Hiroshi, NTT Software
Sakamoto Yasuhisa, NTT
Suzuki Toshihiro, Oracle
Yamada Tatsushi, NTT Data

Agenda
-前回議事録承認
-前回セミナーアンケート
-次年度活動方針について
-その他

Minutes

-前回議事録承認

承認

-前回セミナーアンケート

アンケート結果報告
参加者数約56名(内事前登録者25名、中継視聴者31名)
アンケート回数数23、母数が少ないので統計的な意味はない
業種はシステムインテグレータとベンダで約半数
職種はエンジニアが最も多く、企画、研究を合わせて7割
参加経験ありが83%で多数
セミナーを知った契機はMLと個別メールが半々
基調講演のほうが事例紹介よりやや理解度が高い
個別のID管理技術への興味が高い
自由記入として、ID管理用OSS、クラウドにおけるID管理

次回セミナーについて
4月に技術セミナーを実施する
今までカバーできなかった技術の普及を図る
例えば、InfoCard系技術、既存業務システムとID管理の接続技術など
ただし下記の会員増貢献につながるなんらかの施策を加える

-次年度活動方針について

セミナー以外の予算はWGに配分されていない。
今後は会員増・収入増に貢献しないと運営費は下りない状況。
上記のセミナー機会を有効活用して、会員増・収入増につながる活動を
したいが、なかなか良い案がない。
翻訳等の成果をメンバ限りとする⇒カンターラのオープンポリシに反する
セミナーをメンバのみ無料とする⇒WGで会計を管理するのは困難
セミナーでAssurance認定プログラム宣伝の海外中継をする⇒運用は本部というギャップあり
課題として継続的に議論する。

-その他

運営効率化の一貫として、国内メディア向けのPRコンタクトおよび
プレスリリース対応は本部に統合された。
したがって団体としての日本語訳はなされない。
日本語抄訳については都度参加者の持ち出しに依存する。

・次回会合
2011/2/23(水)16:00-17:00に電話会合を実施する
次回セミナーのアジェンダをほぼ決める
Next Teleconference will be held between 16:00 and 17:00 JST, Wednesday February 23rd, 2011

  • No labels