Child pages
  • Japan WG F2F 2010-04-16
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

第3回カンターラ・イニシアティブ・ジャパン・ワークグループ会合議事録

日時:2010年4月16日(金)16:30 - 18:00
場所:霞が関ビル30Fショールーム
参加者 Attendees
Fujie Naohiro, Itochu Techno Solutions
Ishikawa Kiyohiko, NHK
Itoh Hiroki, NTT
Kaneko Izumi, CA
Kuwata Mashiko, NEC Corporation
Sakamoto Yasuhisa, NTT
Sakimura Nat, NRI
Shitamishi Takashi, Sun Microsystems
Suzuki, Toshihiro, Oracle
Yamada Tatsushi, NTT

(Non-Voting)
Naoko Satomi, Fujitsu Research Institute
Miyata Teruko, NTT
Plusone Communications Ikeda and Tanaka

議題:
・議長/副議長選出状況

・KI全体会合およびRSAカンファレンス報告

・次回KIセミナーについて
 年に3回程度開催
 スケジュールとアジェンダ案
  KI全体会合:3月初旬
  第一回:4月16日:山田様にて実施
  第二回:(秋イベント)9月10日又は17日辺り:100名程度
      KIアップデート:15min
      第一回セミナー(山田様)(1.5h)
      +これまでのセミナー再利用
      案:認証基盤連携フォーラム(45min)
      事例(20mx3=1h)
    予算:6kドル
    認証基盤連携フォーラムとどのような連携を行なうか合意が必要
    マルチトラック可能か?
  KI全体会合:10月?
  第三回:11月~12月:
      技術コテコテ
    ハンズオンの要望もあるが準備が困難か
    同じ内容を関西で実施する案もある
 今後アドホックで議論(坂本)
 次回JapanWG会合で議論

・PRについて
 広報活動:KIになってプレスリリースの数が極端に減っている
       本体のプレスリリースを翻訳配信増は期待できない。
      記者に対して活動報告
       KI発足後1年で何が変わったのかを問われる。
       案:認証基盤連携フォーラムとの連携
       ネタ出しが必要
       KI横断的に説明するのは難しい
       次回WG会合で具体的案を検討する。
 メール配信について
  ・案内状:年10回まで(今回3回使った):約1000件に出している。
    メール配信、申込者リスト作成、データベース管理
  ・KI JapanWG内に担当者(プロデユーサー)を決めておく
  ・初めにWG/DGに流してから、全体リストに投げるなど方策が必要。

・アンケートについて
 ・WGの興味を次回JapanWG会合で検討する。

・その他
 ・ISO/IEC JTC1 SC27 WG5活動共有

・次回会合予定
 6月16日16:00~電話会議(第一候補)

  • No labels